2014年11月18日 オーディオ, 商品, 新商品

SP3500

SP3500n  (SP3500)

 

山越木工房の「SPシリーズ」の最高峰「SP3500」を発表させて頂きます。

一昨年発表させて頂いた「SP2500」と昨年発表させて頂いた「SP1900」の基本デザインをそのままに

「SPシリーズ」(※1)のフラッグシップを名乗れるだけの音質バランスとオーディオマニアの心を擽るようなアイディアを弊社なりのアプローチで纏めてみました。

※1「SP」は”スモールプレミアム”の略

※「MJ 無線と実験」誌 2015年3月号のzoomupコーナーに掲載されました。(p9~p11)合せてご参考下さい。

※「MJ 無線と実験」 2016年1月号の第34回 MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー2015のスピーカー部門でも評価頂けました。

 

正面から見ると弟分の「SP2500」と同一デザインですが、キャビネットサイズを大きくし7インチ(18cm)ウーファー×2発とドームツィーターで構成

さらに背中底面には、鋭利な刃物でスパッと切り落としたようなデザインの面に7インチのパッシブラジエターをマウント 弊社なりにここ数年間温めてきたデザインです。

パッシブラジエターの方式も、前々からトライしてみたい方式でもあったので今回思い切ってデザインと合わせて取り入れました。

私自身、パッシブラジエターというよりは”ドロンコーン式”と言った方が馴染みのある呼び方なんですけど、、、。(笑)

細部のフォルムは下記のようになっています。

「SP3500」 斜め前からのフォルム

サイドに廻り込んでのフォルム

 

背面のフォルム

 

斜め後方からのパッシブラジエター

後足は、バイオリンなどに使われている「魂柱(たまばしら・こんちゅう)」をイメージ

 

  

オーディオボード端部には、水平器を装着 付属のインシュレーターにて微調整が可能となっています。

スピーカー端子は高級大型タイプを採用  端子下部には「シリアルナンバー付の SP3500」のエンブレム

※弊社試聴機は「0000-A」「0000-B」となっています。

 

②SP3500の説明

キャビネット本体のラウンドされた成形合板の素材は、弊社にて厳選されたカバ材とブナ材を交互に貼り合せた「カバ・ ブナ合板」

素材の構成は弊社の今までの製作ノウハウから得たものをトライ。カバ材の少し華やかな音色とブナ材のシットリとした腰の低い音色(※2)を合わせたハイブリット合板で構成

※2)当社作例比で得られた音色を元にしています。

 

 

※弊社にてラウンド加工されたキャビネット本体

バッフルは弊社オリジナルの厳選されたカバ単板を積層したカバ合板を使用しています。

諸元

サイズ  H665mm  W248mm  D375mm

重量 15kg/片ch

定格インピーダンス 6Ω

最大入力 60w

出力音圧レベル 91dB

周波数特性 40Hz~30kHz

クロスオーバー周波数  2.6kHz

端子下部には「シリアルナンバー付の SP3500」のエンブレム

※弊社試聴機は「0000-A」「0000-B」となっています。

 

◎ 開発秘話◎

この「SP3500」にたどり着くまでに、弊社なりの開発秘話があるので少しご説明。

弊社オリジナルスピーカーにある「ブーツ」や「HR-1」等の比較的大型のシステムがラインナップとしてあり、多くのお客様にご愛用されていますが、

「真空管オーディオフェア」等の展示会に出展して、お客様からの声で、「小型のモノで良いから細部まで作り込み感のあるスピーカーを出してね!」等の

声が年々多くなり、弊社も次商品イメージを模索してもいた頃でもあったので、2009年にプロトタイプを製作し「第15回真空管オーディオフェア」にて参考出品させて頂きました。

当時からダブルウーファーとツィーターの構成は決まっていましたが、キャビネットサイズやスピーカー方式に悩み発表が延び延びになっていました。

「SP3500」プロトタイプが下記の写真

  

このプロトタイプは16cmウーファー×2発とツィーターの構成で、バスレフダクトの風切音を嫌ってキャビネット底面にダクトを装着し

スピーカーボードとキャビネットを三本脚で取付する構成となっています。

これはこれで前面ダクト配置による風切音も直接は聞こえないし、背面ダクトによる壁面の距離などによるセッティングのシビアさからも解放され

十分メリットがあり弊社視聴室にお越しになったお客様からは、「このサイズからは十二分な音質と音圧だね!」とインプレッションを頂いていましたが、

もう少し山越木工房としてオリジナル性とデザインをまとめたい気持ちもあり商品開発も迷っていたところでした。

その後、2011年の震災後 お客様のニーズ(価値観)が大きく変化していくのが肌で感じ取れてきたので、

一昨年、昨年とスピーカー方式も潔く密閉式を採用した「SP2500」と「SP1900」を発表させて頂き、お客様に御愛用頂いています。

そこでこの反響から自分の中でも、上記プロトタイプサイズのキャビネットに、バスレフ式ではないパッシブラジエター方式を加えたら、、、と温めていた思いが日々大きくなり

今回サイズアップしながらデザインを共通のモノとした「SP3500」が完成した となったわけです。

長い道のりでした、、、、。

 

製作は、もちろん山越木工房にて成形された成形合板と平合板を使い、一つ一つ丁寧に組立てられ

木材の質感と積層成形された合板の美しさを基調としたデザインに仕上げてあります。

※山越木工房にて成形された素材時の写真

もちろん塗装も弊社にて施工し、杢目なども合わせてペアになるように色味なども合わせてあります。

 

試聴と測定

試作をしながら徐々に、今の形になったのはデザインだけでなく、肝心な音の方も試行錯誤でした。

まずは測定の方で、弊社視聴室での周波数特性

ネットワークや内部の補強など弊社「SPシリーズ」のフラッグシップとして出すのだから、出来るところは全て、、やったつもりです。

製作以上にセッティングに時間が掛かるのはこの世界の掟。 ですがあまりにも弊社にて合わせ込みすぎてかえってピーキーなシステムになり、

お客様の環境で実力が出せなくなるのも、工業製品としては如何なものか?もあり、良い意味での妥協点(良い加減)を出すのに苦労といいますか悩みました。

とは言っても、7インチ(18cm)×2発とドームツィーターの構成から奏でられるそれは、十二分な音場と定位を造りだし

最終の仕様が決まった頃には、製作者としての自分ではなく、いちユーザーの気持ちで聴く自分がいました。

パッシブラジエターは40Hz位から作動し始め、80Hz位から2つのウーファーにバトンタッチしドームツィーターへとバランスよく繋がり

何を聞いても楽しく、そして音量を上げていっても五月蠅くなく、大きなピークもなくフラットな特性が簡易の計測でも得られています。

※120Hzの凹は、弊社試聴室の特性 どんなスピーカーを持ってきてもこの凹が出ます、、。

試聴中はついつい音量を上げてしまい、気が付いたらかなりの音量になっていて、隣家のない弊社だから問題ないけど隣家のある方でしたら警察沙汰の音量でした。(大汗)

先日開催された「第20回 真空管オーディオフェア」でも簡易の試聴になりましたが、多くのマニアの方々から良いインプレッションを頂き

また、フェア開催後も熱心なお客様が弊社視聴室に多数お越しいただき、こちらもまた良い感想を頂いています。

「MJ 無線と実験」誌 2015年3月号のzoomupのコーナー(p9~p11)でオーディオ評論家「小林 貢先生」「井上 千岳先生」両氏からも

良い印象でインプレッションを頂いています。

※弊社にてデモ機 試聴中のお客様※

 

※付属品    SP3500専用スピーカースパイク

※本商品は手作りの部分が多々あるので納期が少し頂くこととなりますのでご了承お願い致します。

※本商品のシリアルナンバーは、ご注文順となりますので宜しくお願いします。

お問い合わせは e-mail  yamakoshimokkoubou@mountain.ocn.ne.jp

TEL     0288-77-1368

ご注意

こちらの商品は天然木材を使用していますので、杢目の微妙な風合いや色味などがお客様のPC環境により違って見える場合がありますのでご了承ください。

こちらの商品は送料が別途です。お客様からのご注文から自動送信メール後に送料等を含めた合計金額をお知らせ致します。

また、納期などの日程もメールにてご連絡致します。

当商品は「意匠登録申請中」です。

※手作りの部分が多い為、納期に時間が掛かる場合がございます。

 

※各地域の送料(税込)

関東地方              ¥2400-

東北・北陸・東海・信越地方   ¥2600-

関西地方              ¥2700-

中国地方              ¥3100-

四国地方              ¥3300-

北海道・九州地方         ¥3400-

※離島は別途送料になります。

お買い求めの際のお支払い方法は、代引、銀行振込、そして安心のPaypal決済に対応しています。

※代引は別途代引手数料が¥2160-(税込)かかります。

※銀行振込の場合は振込手数料はお客様負担となります。

(銀行振込の場合はご入金確認後の発送となります。)

※「SP3500」オプション 専用スタンド 価格は¥43,200/セット

専用スタンドのサイズは、H350㎜  W280㎜  D400㎜

※薄茶着色ウレタン塗装仕上(艶消し)

付属の専用スピーカースパイクを併用すると、トータルの高さが1032㎜になります。

 

 

専用スタンドとのフォルム。

※スタンドの高さに関しましては、お客様の環境に合わせてオーダー承ります。

 

 

 

注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
SP3500 SP3500n ナチュラル色 (¥302,400) ¥302,400
在庫有り セット
SP3500と専用スタンドのセット SP3500+専用スタンドのセット (¥345,600) ¥345,600
在庫有り セット
SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500 SP3500